足部の評価|立方骨アライメント(立位)

足の勉強会

はじめに

今回は、立位における立方骨アライメントの評価方法を紹介します。

方法

被検者が立位をとった状態で、立方骨の底側に示指を入れます。
ここから、示指を踏むように、被験者に荷重をしてもらいます。
この状態で、示指が足底から抜けるかどうかを確認します。

ポイント

示指が抜ける場合、立方骨が挙上し、指をつぶしていない状態であると言えます。
このような状態は、立方骨が高い位置で安定しているアライメントであり、荷重位で外側アーチが形成されていると考えられます。

立方骨の挙上

示指が抜けない場合、立方骨が下降し、示指をつぶしている状態であると言えます。
このような状態では、立方骨が低い所に位置し、指の厚みを1cm程度とすると、1cmの高さもないくらい、立方骨が降下しているアライメントであると判断します。

立方骨の降下

コメント

タイトルとURLをコピーしました