専門職向け情報

全サービスに共通する措置

業務継続に向けた取組の強化

令和3年度の介護報酬改定において、感染症や災害が発生した場合であっても、必要な介護サービスが継続的に提供できる体制を構築する観点から、全ての介護サービス事業者を対象に、業務向けた向けた計画等の策定、研修の実施、訓練(シュミレーション)の実...
全サービスに共通する措置

高齢者虐待防止の推進

高齢者虐待防止の推進においては、全ての介護サービス事業者を対象に、利用者の人権の擁護、虐待の防止等の観点から、虐待の発生又はその再発を防止するための委員会の開催、指針の整備、研修の実施、担当者を定めることを義務づけるとされています。その際...
全サービスに共通する措置

ハラスメント対策の強化

はじめに 令和3年度介護報酬改定において、全サービス事業者の適切なハラスメント対策を強化する観点から、全ての介護サービス事業者に、男女雇用機会均等法等におけるハラスメント対策に関する事業者の責務を踏まえつつ、ハラスメント対策を求める...
全サービスに共通する措置

感染症対策の強化

はじめに 令和3年度の介護報酬改定において、感染症の発生及びまん延等に関する取組の徹底を求める観点から、委員会の開催、指針の整備、研修の実施、訓練(シュミレーション)の実施等が義務づけられました。その際、3年間の経過措置期間を設ける...
リハビリテーションマネジメント

リハビリテーションマネジメント加算B(イ)の算定方法について

リハビリテーションマネジメント加算の算定上の留意事項 リハビリテーションマネジメント加算は以下の4点に留意して算定します。 リハビリテーションマネジメントは、利用者ごとにケアマネジメントの一環として行われること。各施設・事業所...
リハビリテーションマネジメント

LIFEへの情報提出によるリハビリテーションマネジメント加算A・B(ロ)の算定

リハビリテーションマネジメント加算(A)ロ又は(B)ロとは リハビリテーションマネジメント加算(A)ロ又は(B)ロは、リハビリテーションマネジメント加算(A)イ又は(B)イの要件に加え、「科学的介護情報システム(Long-term ...
リハビリテーションマネジメント

リハビリテーションマネジメントの基本的な考え方

はじめに 高齢者リハビリテーションにおけるリハビリテーションマネジメントの基本的な考え方を紹介します。 リハビリテーションの目的について 生活機能の低下した利用者に対するハビリテーションは、単に運動機能や認知機能といった...
リハビリテーションマネジメント

訪問・通所リハビリテーションにおけるリハビリテーションマネジメントの実務等について

リハビリテーションマネジメントについて リハビリテーションマネジメントは、調査(Survey)、計画(Plan)、実行(Do)、評価(Check)、改善(Action)(以下「SPDCA」という。)のサイクルの構築を通じて、心身機能...
リハビリテーションマネジメント

リハビリテーション会議の実施方法

はじめに リハビリテーションマネジメント加算を算定する際に開催を求められる、「リハビリテーション会議」の実施方法について紹介します。 リハビリテーション会議の構成員 リハビリテーション会議の構成員は、利用者及びその家族を...
リハビリテーションマネジメント

リハビリテーション会議の開催頻度

はじめに リハビリテーションマネジメント加算を算定する際に開催を求められる、「リハビリテーション会議」の開催頻度について説明します。 訪問リハにおけるリハ会議の開催頻度 指定訪問リハビリテーションにおけるリハビリテーショ...
タイトルとURLをコピーしました