写真で学ぼう!外腹斜筋を触察するためのランドマーク

体幹の筋を触察するためのランドマーク

はじめに

外腹斜筋は、体幹の外側面を斜走する板状の筋です。




外腹斜筋と隣接組織との滑走不全による胸郭の拡張不全が、腰部・肩甲帯の運動機能、呼吸機能などに大きな影響を与えるため、臨床でも介入する頻度の多い筋です。

今回は、外腹斜筋を触察するためのランドマークを紹介したいと思います。

外腹斜筋の内側縁

第5肋骨の前方投影幅の中央部(★1)を確認します。



鎖骨中線と肋骨弓が交わる部位(★2)を確認します。




臍の高さで、腹直筋の外側縁より1~2横指外側の部位(★3)を確認します。




★1と★2と★3を結ぶ線が、外腹斜筋の内側縁の想定線になります(想定線1)。

外腹斜筋の下縁

上前腸骨棘より3横指頭方で、腹直筋の外側縁より1~2横指外側の部位(★3)を確認します。
腸骨稜の上縁より1横指尾方に位置する腸骨稜外唇の前方1/2の領域を確認します(想定線2)。




★3と想定線2を結んだ線が、外腹斜筋の下縁の想定線になります(想定線3)。

外腹斜筋の上縁

第5肋骨の前方投影幅の中央部(★1)を確認します。
鎖骨中線と第5肋骨の交点から1横指外側方の部位(★4)を確認します。




第5肋骨の下縁のうち、★1から★4の間の領域が、外腹斜筋の下縁の想定線になります(想定線4)。

外腹斜筋の後上縁

鎖骨中線と第5肋骨の交点から1横指外側方の部位(★4)を確認します。
腋窩線(腋窩の中央部から尾方に引いた線)と第9肋骨との交点(★5)を確認します。


半側骨盤幅の中央部(★6)を確認します。
★6を通る矢状面と第12肋骨との交点(★7)を確認します。




★4と★5と★7を結ぶ線が外腹斜筋の後上縁の想定線になります(想定線5)。
★4と★5の間の領域は、前鋸筋の前下縁と隣接するため、前尾方に凸の孤を描く、鋸歯状の線になります。

外腹斜筋の後縁

半側骨盤幅の中央部を通る矢状面と第12肋骨との交点(★7)を確認します。
腸骨稜上で上後腸骨棘の後端と上前腸骨棘の前端との中央部(★8)を確認します。




★7と★8を結ぶ線が、外腹斜筋の後縁の想定線になります(想定線6)。

おわりに

今回は、外腹斜筋を触察するためのランドマークを紹介しました。

外腹斜筋の触察練習を行う際には、今回の投稿に下の参考テキストを併せて学習していただくと、理解が一層深まります。ぜひご活用下さい。

特徴 | 骨格筋の形と触察法 | 大峰閣

初版から15年を経て,臨床家の厳しい要求に答える内容で,かつ,学生の基本学習へも配慮し,理学療法士が著した,卒前から卒後まで末永く使える,オールカラー/ハードカバー製本による,筋の解剖学/体表解剖学書の改訂. 各論に「学生のための触察ポイント」を追加し,基本的触察法を学ぶ学生の到達目標を提示した. …


今回もご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました