腸肋筋を触察するためのランドマーク

体表解剖

はじめに

腸肋筋は、体幹の後面を骨盤から頚椎まで縦走する大きな筋で、両側が働くと頚部と体幹を伸展させ、片側が働くと頚部と体幹の同側へ側屈させる作用があります。

臨床では、腰部に痛みのある症例において、腸肋筋と隣接する肋骨・肋間筋・最長筋・腰方形筋との滑走不全に対し、徒手療法を実施する機会も多く、腸肋筋と隣接組織を確実に触り分ける能力が必要になります。


今回は、腸肋筋を正しく触察するためのランドマークを紹介したいと思います。

腸肋筋を触察するためのランドマーク

腸肋筋の外側縁

半側胸郭幅の中央部を確認します。

次いで、半側胸郭幅の中央部を確認します。

半側胸郭幅の中央部と半側骨盤幅の中央部とを通る線が、腸肋筋の外側縁の想定線となります(想定線1)。

腸肋筋の外側縁の指標(想定線1)

想定線1を指標に腸肋筋の外側縁を触察していきます。

腸肋筋の外側縁の触察

第12 肋骨と腸骨稜との間では、腸肋筋は前方に位置する腰方形筋と隣接します。

よって、想定線1より前外側方に指を置き、腰方形筋との境界を触察することがポイントになります。

第12肋骨と腸骨稜の間の領域における腸肋筋の触察

腸肋筋の内側縁

後方からみた半側胸郭幅の中央部と、半側骨盤幅の中央部とを通る想定線1を確認します。

腸肋筋の外側縁の指標(想定線1)

後正中線から想定線1までの幅の外側1/3の部位を通る線を確認します。

これが、腸肋筋の内側縁の指標である想定線2となります。

腸肋筋の内側縁の指標

想定線2を指標に、腸肋筋の内側縁を触察していきます。

腸肋筋の内側縁の触察

下位胸椎から上位腰椎の高さでは、腸肋筋は最長筋の表層にも存在し、想定線2よりも内側に位置します。

この領域では、想定線2よりも内側方に指を置き、触察します。

下位胸椎から上位腰椎の高さにおける腸肋筋の内側縁の触察

おわりに

腸肋筋を触察するためのランドマークを紹介しました。

正確に腸肋筋を触り分けるには、今回紹介した視標に加え、腸肋筋および隣接する筋の3次元的な位置や形状といった解剖学の知識、触察手順、筋を触知しやすい指の動かし方、腸肋筋に特徴的な触察感を知ることが重要となります。

これらの情報を得るための、書籍および運動器系体表解剖セミナーを主催している研究会を紹介しますので、触察技術の向上にお役立てください。


たてやま整形外科クリニックのスタッフのみなさんは、TOC体表解剖勉強会の予習・復習にお役立てください。勉強会の様子は、下のリンクよりご覧いただけます。

今回もご覧いただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました